乾燥を防ぐ方法|化粧品で肌の状態見違える|40代専用もあるので注目しよう
ウーマン

化粧品で肌の状態見違える|40代専用もあるので注目しよう

乾燥を防ぐ方法

婦人

スキンケアを見直す

様々な肌トラブルの原因となるのが乾燥肌です。肌内部にはコラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドなどの保湿成分が存在します。これらの保湿成分が不足すると乾燥肌になります。乾燥肌になると、ちょっとした刺激に弱くなります。また、乾燥を放っておくと小じわが出来やすくなり、同年代の人よりも老け顔に見られやすくなります。乾燥肌は、いつもしているスキンケアを見直すだけでも治ることがあります。化粧水はコットンでパッティングしてつけるよりも、手のひらを使って優しくつけたほうが肌への負担が減ります。コットンバックをしすぎると逆に水分が奪われるので注意が必要です。また、化粧水をつけたあとは乳液などでしっかり油分を補うことも大切です。

セラミド入りの化粧品

角質層の中で水分を守っているのが角質細胞間脂質という成分です。角質細胞間脂質は別名「セラミド」ともいいます。角質層の中の約80%セラミドが占めています。そしてサンドイッチのようにして水分を挟み込んで、蒸発しないように守っています。乾燥肌の人はセラミドが普通の人よりも少ない状態です。しかし、セラミドを配合した化粧水を使えば、角質層の不足したセラミドを補うことができます。セラミド量が豊富になれば、肌の水分量が上がってぷるぷるに潤うようになります。そうすると乾燥や紫外線に強い肌質になり、結果的にアンチエイジングに繋がります。セラミドは多くのアンチエイジング系の化粧水や美容オイル等に配合されています。