美容と健康に繋がる潤い|化粧品で肌の状態見違える|40代専用もあるので注目しよう
ウーマン

化粧品で肌の状態見違える|40代専用もあるので注目しよう

美容と健康に繋がる潤い

鏡を見る人

空気が乾燥してくる秋から冬にかけては、肌質も見た目から判断がつきやすいものの、春から夏の乾燥とは無縁となる季節に、隠れ乾燥を引き起こすケースがあります。乾燥の度合いは目元と唇をチェックすることが得策で、皮脂膜が薄く、皮膚のバリア機能も他のパーツよりも低いのが特徴です。また、水分の蒸発も早く、NMFが生成されにくいパーツです。頻繁に動かし、乾燥する季節問わずに酷使されることから肌荒れを起こします。乾燥肌の場合、唇にまで意識が向かずにケアがおろそかになったり、後回しになりやすいため、保湿ケアは季節問わずに重要視すべき内容です。唇の皮膚再生能力は高いため、そのパーツが乾燥していることは結果的に全体も乾燥肌に移行しやすいことが判断でき、全身の早めの対策に乗り出すことに気を付けたい内容です。

乾燥肌の場合、潤いを満たし、留めて逃がさないためのスキンケアが大切です。近年、乾燥性敏感肌を引き起こすケースや悩みは増えており、NMFやセラミド不足はもちろん、バリア機能の低下によって肌は敏感に反応してしまいます。例えば、夏や冬の気温の変化やハウスダストなどのアレルゲン物質、紫外線などの外からの刺激に弱いのが乾燥性敏感肌の特徴です。間違ったスキンケア法によって、軽い状態の乾燥肌も移行しやすいために継続した正しいスキンケアは必須です。例えば、洗顔料はしっかり泡立て、必要な皮脂を残すためにぬるま湯ですすぎ、化粧水などでお手入れする際には保湿成分配合の製品を優しく肌へハンドプレスで浸透させます。また、肌は弱酸性でもあるために使用する化粧品はもちろん、弱酸性のタオルを顔や体に使うことも、手のひらで洗うのと同様の優しいお手入れに繋がります。